前へ
次へ

パーソナルトレーニングにするなら

グループで受けるトレーニングではなく、パーソナルトレーニングを選ぶつもりでいるなら、インストラクター

more

憧れのパーソナルトレーニング

トレーニングをしている人にとっては、過酷なトレーニングは孤独なものだと思っていることでしょう。しかし

more

美容にも良いパーソナルトレーニング

実際のところ、体の内側からアンチエイジングをしたいのであれば、定期的なトレーニングも重要な要素となっ

more

筋力アップをパーソナルトレーニングで習う

筋力トレーニングをしたいと考えている人は、パーソナルトレーニングをすることがお勧めになります。これはマンツーマンで指導を受けることができることや、モチベーション維持ができるのでやっているうちに目的を達成することができる方法です。特に筋力トレーニングにはやり方がありますので、間違ったやり方をやっているとトレーニング効果が落ちることはもちろん、下手をするとケガに繋がってしまうので注意が必要になります。筋力トレーニングのケガで多いのは筋肉を傷めることではなく腱や靭帯を傷めてしまうことです。この理由としては腱や靭帯は鍛えることができない部位になり、負荷が強すぎることによって傷めやすい個所もあるからです。まず多いのは上腕二頭筋などを鍛えるためのアームカールというトレーニングですが、ただ腕の筋肉を太くしたいというイメージでやっていると負荷を急激に重くする人もいます。そうなると肘の可動域を補助している靭帯や、肩についている靭帯なども負担が高くなり筋肉に合った負荷をチョイスすることは問題ありませんが、そうでないパターンは痛めます。そして痛めている靭帯を筋肉痛の通過点だと勘違いする人は、さらに負荷を大きくしてしまいかなりダメージが残ってしまうことも少なくありません。こういったトラブルを防ぐためにはやはりパーソナルトレーニングで指導してもらい、自分に合った負荷でまたフォームを確認してもらうことで上手にできるようになります。まず筋力トレーニングにはフォームを重視する傾向があり、これには効果や効率といった回数以上のレベルを求めることができます。高い負荷でやることはトレーニングの原則として当たっていますが、軽すぎても刺激がいかなくなり筋線維を太くすることができません。まずは適正な重さと回数をやっていくことで筋力トレーニングの成果を上げることができ、トレーニング慣れをすることでケガをしない体に作り替えることができます。

通院回数や歯科治療の回数を減らせる治療をしています

噛み合わせや顔や目などに合わせて手術をします
噛み合わせや顔や目の位置を確認したうえで、整形をしても違和感のないようにする手術を行います。

治療によりEラインの改善も期待できます

頬骨 手術 東京
顔が大きいことにお悩みの方に向けて、頬骨を削ることにより小顔を実現させます。

Page Top